妊娠 悩み 経験

お腹が大きくなってくると悩まされた腰痛

 

まず最初は16週頃につわりが収まってから本格的にはじまった頻尿で、一回のトイレで出る量が減り、食後など水分を多くとった後など一度トイレにいっても数分でまたトイレに行きたくなるというのを何度か繰り返すので「膀胱が圧迫されて頻尿になる」という予備知識を痛いほど納得しました。

 

ときどき胎動で膀胱を蹴られるとびっくりします。車の運転が長時間できないというのも頻尿で実感することが多いです。

 

お腹が大きくなるにつれ息苦しさと共に頻繁な吐き気に悩まされました。ネットで調べると妊娠中は胃の働きが弱まるとのことで胃の内容物がなかなか消化されないからでした。食事を終えてから3時間ほど吐き気と息苦しさが続きます。

 

お腹の重みを実感するようになってから、腰痛と頻繁なこむら返りに悩み始めました。まず腰痛は、中腰になるとき極度なしんどさを感じるようになり、洗い物や洗濯など家事をしているとき油断すると急激な痛みを感じることがあります。お風呂で髪を洗うとき腰を曲げると負担を感じるので今まで使っていなかったのですがお風呂の椅子を買いました。それでも痛いです。

 

寝ているときに2日に1回くらいの頻度でこむら返りで目が覚めます。ふくらはぎだけでなく太ももがつることもあり、これは初体験でしたので驚きました。

 

 

妊娠すると、つわりなど初めての経験が多くなりますよね。
このつわりが治まった後、反動のように暴飲暴食をしてしまう方もおられると思います。
そんな場合には、ミドリムシナチュラルリッチの効果などについて、知っておくといいかもしれません。
無理なく身体をスッキリさせることが出来るため、注目されています。

妊娠のお悩みは、先輩ママさんや質問サイトで解決


 
大体のことは先輩ママさんに聞いたり質問サイトを見たりと、経験した人の意見を参考にしました。頻尿については解決できませんでした。仕方ないものと思っています。

 

息苦しさと吐き気については、母親学級で配布されたマタニティストレッチの冊子やた○ごクラブなどの雑誌にちょこちょこ載っているストレッチのページを参考にして、身体を動かすようにしてどうにか軽減させました。身体を動かして物理的に腹の中を動かすことで胃の消化を助けるのが効果的という意見をよく聞きました。それと座った時など猫背にならないように気を付けて胃の内容物が流れていくのをスムーズにするというのも実践しましたが効果はよくわかりませんでした。

 

腰痛についてはお腹が大きく重くなる上に腹筋が弱まるために腰の負担が大きくなると聞き、腰の負担を極力減らすため、姿勢よく座る、姿勢よく歩くことを気を付けています。

 

6か月頃から義母に勧められた腹帯を巻きはじめましたがこれはお腹が温まるし結構効果を実感できました。腰をほぐすストレッチなどもやっています。効果は確かに実感できますが、まったく無くなるということはありませんでした。歩けなくなるほど痛くなることだけは防ごうと思っています。

 

寝ているときのこむら返りは、足を冷やさないようにし、血流を良くしておくことが効果的と先輩ママさんに聞き、太ももとふくらはぎのリンパ線をほぐすマッサージと足首を動かすストレッチを取り入れたところだいぶ軽減しました。太もものこむら返りはほぼ無くなります。

このような記事が一緒に読まれています♪